札幌交通事故治療センター/三新会グループ

交通事故は、ある日突然起こるものです。 交通事故被害者の多くの方々は、どうしていいか分からないまま保険会社との交渉が始まる場合も少なくありません。
加害者や保険会社の対応に不満を感じたり、損害賠償額の提示に対して、それが妥当な金額なのか判断に迷うことも多いと思います。
交通事故の賠償問題や保険についての知識がなかったり、交渉に不慣れだったりするために、交渉がスムーズに運べないことや妥当な賠償額を得られないこともあります。
このような交渉により、不安になってしまっては、治療に専念することができなくなります。
三新会札幌交通事故治療センターに登録されている治療院に通われている患者様には、安心して交通事故の治療に専念していただくために、行政書士へ相談ができるサービスをご提供しております。

三新会 札幌交通事故治療センターの主な法律サポート

    ・被害者請求手続き
    ・行政書士による手続相談
    ・後遺障害等級認定手続き
    ・弁護士による損害算定
    ・行政書士への相談は何度でも無料

担当弁護士よりあいさつ

交通事故の被害に遭われた方につきましては、心よりお見舞い申し上げます。
さて、交通事故紛争事案におきましては、加害者が任意保険に加入している限り、まずは当該任意保険会社を相手方とする示談交渉からスタートしま す。
そして、交渉によって話がまとまらなかった場合には、訴訟へと発展していくことになります。

ところで、賠償額の交渉においては、保険会社から休業補償、慰謝料の金額が提示されます。また、後遺障害が残るケースでは、その障害の等級及び等 級に従った慰謝料・逸失利益が提示されます。
そして、これらの各条項について、適正な損害賠償金額を算定するためには、その前提となる資料が手元になくてはなりません。
そのためには、本サイトの認定院をはじめとする然るべき治療院で治療を受け、負傷の経過や後遺症の状況について証拠化しておく必要があります。

交通事故紛争においては、単純な損額賠償に関する法律論のみならず、ときには、医学分野、保険分野に関わる専門的知識を要します。 当事務所では、これまで多くの事案を解決したことにより得た経験をもとに、多数の医療機関等の関係各機関と連携の上、紛争処理に対応しておりま す。
                         

弁護士法人 佐々木総合法律事務所
弁護士  佐 々 木 泉 顕
http://www.sasaki-law.jp/

担当行政書士よりあいさつ

この度は交通事故で被害に遭われ、肉体的にも、精神的にも大変な苦痛をお感じにな られているかと思われます。心よりお見舞い申し上げます。
2010年、北海道では18,088件の交通事故が起こり、怪我をされた方は22,094人もいらっしゃいました。
交通事故は突然、思いもよらず起きてしまいます。
そして、被害者さまの事故解決には途方もない時間と労力が必要です。

受傷後、治療を続けても完全には治らない。 そうしたときに、相手方から治療の打ち切りの話が出て、「まだ、症状が強く残っているのになぜ?」と疑問に感じられる方もいると思います。
あるいは、相手方の言うとおりに症状固定をして、等級認定を受けたけれども「非該当」の通知を受けた、もしくは、認定結果に納得できないと思う方もいると思います。
そうした方が、損害賠償という金銭の問題に話を移すには、やはり、適正な後遺障害等級を得ることがとても大切になってきます。

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所は、適正な損害賠償請求のためには、あるがままの等級認定が必要であり、それには、認定基準のポイントをおさえた立証が欠かせないと考えます。
そのために、専門医の診断は当然のこと、負傷の経過を適切に把握してくれる三新会 札幌交通事故治療センターの治療院(接骨院、整骨院)に掛かることは有意義なことではないでしょうか。
自賠責保険(共済)手続きを担う国家資格者として、等級認定の分野で、被害者さまのサポートを全力で行っております。

最後に、皆さんの事故が無事解決しますよう、心よりお祈り申し上げます。

ヨネツボ北海道おおた行政書士事務所
行政書士
http://www.oota-office.com/